ニキビ跡の消し方・治し方

MENU

ニキビ跡を薄くすること、消すことは可能なのか?

ニキビ

こんにちは
さて今回はニキビ跡についてのお話をします。

ファンの方には、例としてあげさせていただくのが大変申し訳ないのですが、ゴジラの愛称で親しまれていた元読売ジャイアンツの松井選手。
彼の肌には青春のシンボル、ニキビの跡がクレーターのようにボツボツたくさん残っています。

お笑いコンビのブラックマヨネーズの吉田さんの頬にも、同じようにたくさんクレーターのようなニキビあとが残っていますね。

今でこそ吉田さんは顔のブツブツをもう明るくネタにしてしまっていますが、思春期の頃はなかなか治らないニキビ跡に焦ったり憂鬱な気分になってしまっていたのではないかと思います。

芸能人の方ではぱっと思いつきませんが、ニキビだったであろう部分が赤みを帯びたまま跡が残ってしまっている人も多いですよね。
こういったクレーター状のニキビ跡や赤みを帯びたままのニキビ跡は、もう一生何をしても消えないのでしょうか?

自分でケアできるものなのか、それとも専門の機関を受診し施術をしてもらわないといけないのか…

「ニキビ跡に効果ありと言われてることやってるのにうまくいかない・・・」
「高い化粧水をつけたら余計ひどくなった。」

このような悩みを抱えてるかもしれませんが、実は正しい方向でケアすれば、治らないニキビ跡はありません!

それでは前置きが長くなりましたが、これからしつこいニキビ跡の消し方についてご紹介しますね。

ニキビが跡になる原因

きちんとケアしているのに、ニキビが跡になってずっと消えずに残ってしまう原因とはいったい何なのでしょうか。

一口にニキビ跡と言ってもクレーター、赤み・色素沈着など、いくつかの症状があります。

しかし、これらに共通してるのが、お肌のターンオーバーが正常に行われていないことです。

ターンオーバーとは、古い角質がお肌から剥がれ落ち新しいお肌に生まれ変わるまでの工程のこと。

ターンオーバー
ターンオーバーについての詳しい記事はこちら

ターンオーバーは本来特別なことは何もしなくても自然に正常に行われ、常に新しいきれいなお肌に生まれ変わっているはずなのですが、何らかの原因でこのターンオーバーがうまくできなくなってしまったとき、ニキビができやすくなったりニキビが治りにくくなったり、治ったと思ったのに気づいたらそれが跡になって残ってしまっていたりするのです。

ターンオーバーの周期はだいたい女性の生理周期と同じ28日と言われています。

ターンオーバー周期の画像

この周期が早くても遅くでもだめで、早すぎる原因は外部からの刺激です。
ターンオーバーが過度に早くなってる状態とは、まだ表面に出てはいけない細胞が押し上げられてる状態となります。

  • 紫外線
  • 化粧水をコットンでつける
  • 洗顔時にゴシゴシ洗う
  • 角質ケア

反対にターンオーバーが遅い場合は、体の内部に原因が潜んでます。

  • 睡眠不足
  • 食生活の乱れ
  • 運動不足
  • ストレス
などがあげられます。

みなさまはゴールデンタイムという言葉を聞いたことがありませんか?
この夜10時から午前2時の間の4時間が、ゴールデンタイムといわれており、成長ホルモンが一番分泌される時間帯なのだそうで、この4時間の間に熟睡している必要があるそうです。

ゴールデンタイム

なんと、ゴールデンタイムは4時間しかないんですね。
そして夜更かしをしたらすぐ肌荒れしてしまうことってありませんか?

この時間帯にぐっすり眠れていなかったら成長ホルモンの分泌が悪くなってしまいお肌のターンオーバーも乱れてくるそうですよ。
ですので夜はしっかり眠っておきましょう。

また食生活の乱れはお肌だけでなくいずれ健康にも害が出てきてしまう可能性があります。
お肌に良いとされているビタミン、中でもビタミンCは特に美肌に良くお肌のターンオーバーを手助けしてくれますので、積極的に摂取しましょう。

ビタミンCを豊富に含んでいる食べ物は色が鮮やかな食べ物に多く、赤ピーマンや黄色のピーマンなどは1個あたり200mg以上のビタミンCを含んでいるそうで、ピーマン1個だとさほど一人で食べるのも苦ではない大きさなので一度に多くのビタミンCを摂りたい場合は実はピーマンがおすすめです。

レモンなどの柑橘系の果物もビタミンが豊富なことで有名ですが、すっぱいレモンを何個も食べるのはなかなか大変ですので、サプリメントでビタミンCを摂取するのもよいでしょう。
病院でも肌荒れやニキビなどの治療にはビタミン剤を処方されることが多いです。

そして体の新陳代謝をあげターンオーバーを促すためにも適度な運動は必須です。
適度な運動と食生活の改善で基礎体温を1度あげましょう。

基礎体温が1度上がるだけでホルモンバランス、自律神経などが整い、新陳代謝がアップし、結果的にお肌のターンオーバーの周期も正常に戻りニキビ予防やニキビの治療がしやすくなります

ニキビ跡が凹凸(クレーター)になった場合の消し方はケミカルピーリングが最適

ニキビ

ニキビ跡がボツボツしたクレーターのようになって残ってしまった場合、とても残念ですがこれを自力で自宅できれいに治すのは想像以上に時間がかかり、また困難です。
時間がかかる分、それだけニキビケア用品にかける費用もかさんでいきます。

もしできるだけ短時間で有効的にクレーターのようなニキビ跡をきれいに治したいという場合は、時間もかかり先もなかなか見えないセルフケアではなく、皮膚科や湘南美容外科など美容整形外科での治療をおすすめします。
お金がかかることが最大のデメリットですが、重度のクレーターニキビ跡も目立たないようになります。

クレーターのようなぼこぼこニキビ跡の主な治療法は、ケミカルピーリングやフラクセルレーザーというものです。
ごくごく軽度なニキビ跡ならピーリングでもなおせるのですが、重度なものになってくるとやはりレーザーでの治療が主となってきます。

フラクセルレーザーでの治療は、レーザー光線をニキビ跡に照射し、再生しようとしている細胞に刺激をあたえることで肌のコラーゲンを増殖させ、へこみができてしまったニキビ跡がコラーゲンが増えることで盛り上がってきて、肌の凹凸を均等に近づけるというものです。

このほかにもフォトフェイシャル、FGF治療、培養表皮移植といったような治療法がありますのでさらっと紹介しておきましょう。



フォトフェイシャル

フォトフェイシャルは顔全体にやわらかな光をあてて治療するもので、根本的にはレーザー治療と同じような容量、理屈で治療いていくものです。

FGF治療

FGF治療というものは、肌のクレーターのへこんだ部分にFGFと呼ばれる繊維芽細胞増殖因子というものを注射してへこんだ部分の細胞を増殖させてやろうというものです。
「細胞を増殖させる」ときくと、一度注射すれば半永久的にへこんだお肌が盛り上がり表面がつるつるの均一な状態をずっとキープできるのではないかと思ってしまいますが、このFGFは時間がたつと皮膚に吸収されてなくなってしまうものなので、一度注射しても肌に吸収されてしまったらまたクレーター状になってくる可能性があるので基本的には長期にわたり治療を続けていく必要があるかと思います。

ですがコラーゲン注射やヒアルロン酸注射のように2〜3か月で効果が薄れるといったことはなく、それらよりも若干持ちが良いそうなので、比較的効果が長く続くものとなっています。
半永久的でなく継続して治療をしていかなければいけないところがちょっとお財布にも痛手ですが、コンプレックスとサヨナラするためには必要な投資ですよね。

培養表皮移植

そして最後に培養表皮移植です。

培養表皮移植ときくと、なんだかすごく大掛かりな手術のような印象をうけますよね。
培養表皮移植は、体のほかの場所から健康な細胞を実際にニキビ跡に移植する。という方法です。
周りにこの培養表皮移植をした人がいないのでなんともいえませんが、ほかの体の部位から細胞を移植するなんてとても大掛かりなものにきこえてしまいますよね。

どの方法にしろ、必ずうまくいくとは限りません。
「もっとひどくなった」と病院を訴えている人たちもいます。
お金も全額実費のため、高額な出費となりますし、「もしものトラブル」をよく知ったうえで治療を受けるようにしましょう。

スキンケア

こちらは上記の3つに比べると即効性は期待できませんが、質の高い化粧水で保湿することはニキビ跡ケアには必須です。
こういった化粧水は予防できる程度の成分しか入ってないのですが、人によってはこれくらいで十分ニキビ跡が消えることもあります。

また、まだまだ美容外科に抵抗があるという方もかなりの割合で存在してます。

医療として認められた製品を選ぶことです。

また、ニキビ跡にはビタミンCが配合されてる製品のほうが良いです。

この条件を満たしていれば、ある程度の効果が期待できますし悪化する可能性を低くすることが出来ます。
※但し個人差があるので合わなければ使用を止めましょう。

具体的な商品名を挙げるなら、ビーグレンのQuSomeローションなどが代表的です。





病院で高価な治療をするよりも手軽に試すことができるので、まずは試してみてもいいでしょう。

ニキビ跡が色素沈着してしまった場合の消し方

ニキビ

ニキビ跡がシミのように色素沈着してしまい茶色や紫っぽい色に跡になって残ってしまう場合があります。
言葉で説明すると茶色!?え、紫!?と、イマイチピンとこないかもしれませんが、顔のどこかに、茶色っぽく、シミのようなニキビ跡が残ってしまっている部分はありませんか?
紫の線のようなものが残っていたりしませんか?

紫色の色素沈着のものは、ニキビで炎症をおこしてしまった毛穴のまわりの毛細血管が破裂し血が周辺ににじんで残ってしまったもので、茶色のものは単なる色素沈着でできてしまうニキビ跡です。いわゆるシミの状態ですね。

意外にも結構ニキビって色素沈着して跡が残ってしまうのですよ。
このシミのようなニキビ跡ってなぜできるのでしょうか?

生き物はすべて、色素というものを体内に持っています。

ごくまれに動物でも人間でも、‘アルビノ’といって、突然変異(遺伝子疾患)で色素を持たずに生まれてきてしまう個体がいますが、色素をもたずに生まれてしまうと、免疫力が低く病気にかかりやすかったり、成長する段階で正常な色素を持っている個体よりも弱々しくどこかに奇形があったりする場合もあるなどと、なにかと生きていく上で大変な思いをすることが多くあります。

一時期、ミニチュアダックスフントがとても流行った時期がありますが、このころブームに乗っかってダックスフントについての充分な知識のないほぼ素人のようなブリーダーたちが、お金儲けのために手あたり次第ダックスを乱繁殖させました。
ダックスフントの場合は掛け合わせる犬同士のコートカラー(毛色)の組み合わせが非常に重要になってきます。

淡い毛色同士の個体を掛け合わせてはいけないとか、片方がダップル(マーブル模様のようにところどころ色素が抜けている毛色)ならもう片方は色素の濃いブラックタンの個体をかけないといけないとか、血統書を基にその前の世代何世代にもわたって毛色の組み合わせ(いわゆる、色素が濃いのか薄いのか)を考慮しながら繁殖させないと、耳が聞こえない子、盲目の子、最初は見えていても徐々に視力や聴力を失ってしまう子、などのハンデを背負ってしまうかわいそうなわんちゃんをたくさん無責任な人間の手で生み出してしまうことになり、高値で売れる珍しいカラーの子犬をたくさん生産するために、無知なブリーダーが乱繁殖させた時期がありました。

このように、犬が健康に成長し生活していくためには色素が大変重要なキーになってきます。
人間にとっても同じ。

少し話が脱線してしまいましたが、この色素は太陽を浴びることでどんど製造されていきます。
ニキビができることでメラニンをどんどん生成してしまい、さらに日光にあたり日焼けをしてしまうことでさらにメラニンが生成されそこから色素沈着してしまい茶色のシミになって残ってしまうのです。

この場合は洗顔したあと保湿成分をたっぷり含んだ乳液やビタミンCを配合した美容液などを使用し、さらにイオン導入機でイオンを導入してやることで目立ちにくくなる場合もありますが、もっときれいになる方法は、ピーリングです。

ピーリングはピーリング剤を使って肌の古い角質をぽろぽろ消しゴムのように剥がして落としていくのですが、茶色く色素沈着してしまったニキビは消えるまでに2〜3年ほどかかると言われています。
そこにさらに日焼けが加わりどんどん治りにくくなっていくのですが、古い角質をピーリング剤ではぎ落としていくことで、少しずつ色素沈着してしまった古い角質も落としていけるので、ピーリングは色素沈着してしまったニキビ跡にも大変効果的で即効性もあるので大変おすすめです。

ピーリング剤はドラッグストアなどで手軽に手に入ります。
ジェル状のもの、スクラブ入りのもの、シート状のもの、化粧水のようになったもの、クリーム状のもの、たくさんバリエーションがありますが、あまり成分の強いものを頻繁につかいすぎるとやけどを起こしたような状態になり逆に肌に負担をかけてしまいます。

一番お肌に負担が少ないのは洗い流すタイプで、私は個人的にはジェル状になったものがポロポロカスが出てきて楽しいので好きです。
お好みの使用感のものを選べば良いと思います。

ただ毎日使用するのはおすすめできません。
使用頻度は一週間に2回まで程度に抑えておいた方がよいでしょう。
またピーリング後はお肌のバリアが1枚向けた状態と同じようなものと考え、保湿、日焼け対策をしっかりしておきましょう。

赤みを帯びたニキビ跡はスキンケアでなんとかなる

スキンケアをイメージした水の画像

この赤みを帯びたニキビ跡というのは、ニキビ跡の中でも比較的軽度のものにあたります。
ですので、正しい治療法を行えば、早い段階で自分で治してしまうことが可能なのです。

では具体的な対処方法はというと、いつものスキンケアを少し変えるだけなんです。
普段みなさまはどのようなお手入れをしていますか?

化粧水をお肌に入れてからそれから乳液を塗るという方が多いかと思います。
中には化粧水をお肌に叩き込んだあと乳液で栄養をあたえクリームで保湿をする人もいますね。

いずれの方法も正解です。
ただ、もし赤みを帯びたニキビ跡を少しでもきれいに治そうと思うのであれば、それらの工程の一番最初「化粧水」を見直してみましょう。

洗顔後、まっさらなお肌に最初につける化粧水は、お肌の土台を作っていく重要な役目を担っています。
そのあとに、乳液やクリームでさらにお肌を保護します。
よい化粧水はお肌の土台を作るとともに、ターンオーバーを正常に戻してくれようとする力もあるのです。

ターンオーバーが正常化し、お肌があたらしく生まれ変われば、ニキビ跡も自然と消えていく可能性が高くなります。
赤みをおびたニキビ跡の段階では、まだまだ軽度な状態ですので、意外にもターンオーバーが整うだけですんなりニキビ跡が消えてくれることも十分ありえるんですよ。

こういった化粧水選びで注意しなければいけないのは、ノンコメドジェニック製品(ニキビの出来やすい成分が使用されてない)を選ぶことです。
また、ニキビ跡を消すことができたという実際の口コミがあるほうがいいでしょう。

この条件を満たしていれば、ある程度の効果が期待できますし悪化する可能性を低くすることが出来ます。
※但し個人差があるので合わなければ使用を止めましょう。

具体的な商品名を挙げるなら、リプロスキンなどが代表的です。





このように、たとえニキビ跡がぼこぼこのクレーターのようになってしまっても、紫色や茶色に色素沈着 してしまっても、ある程度はセルフケアで、もしくは皮膚科や美容整形外科で治療すれば目立たなくなるものなのです。

外からの治療もよいですが、やはり基本は、内側からキレイになる。キレイにすることです。
早寝早起きを心掛け、お肌のゴールデンタイム(夜10時から深夜2時の間)には熟睡できている状態をなるべく作ること。
そして食事の面でも、ニキビによく効くといわれているビタミンやたんぱく質などをバランスよく摂取することが大切です。

特にお肌のターンオーバーを促すためには、良質のたんぱく質が必要となってきます。
肉、魚、卵、チーズ、納豆、牛乳など、お肌によいとされている食材を積極的に摂取するようにしましょう。
またニンジン、カボチャ、きのこ、ナッツ、うなぎ、豚肉、かいそうどはよくビタミンを含んでいます。

そのほかにも適度に運動し新陳代謝をアップさせておくこともお肌のターンオーバーを促進させる意味では大変重要になってきます。
新陳代謝があがれば痩せやすくもなりますし、もしも不妊で悩んでいる場合は新陳代謝、基礎体温があがることで、うれしいニュースが突然舞い込んでくるかもしれませんよ。
十分な睡眠時間、食生活の改善、そして適度な運動は、ニキビ治療だけに限らずカラダにうれしいことだらけなんですね!