水洗顔はニキビ肌にも効果的?

MENU

流行りの水洗顔はニキビ肌にも効果的?

小さいころは、ほとんどの人が顔を洗うときには石鹸や洗顔フォームのようなものは何もつけず、水やぬるま湯だけで洗顔していたのではないでしょうか。

それがいつの間にか、小学校高学年ごろにもなると少しずつ(特に女の子は)周囲の目や自分の身の回りを着飾ったりすることに興味が芽生え、中学校に上がったころには周りの子が少しずつ制汗スプレーや日焼け止め、汗ふきシート、マスカラなどのメイク用品を使うようになってくる。

そしてちょうどそんな年頃になるとニキビができ始める子たちもパラパラ出てきて、ニキビを治すためにニキビ肌専用の洗顔フォームなんかを使う子も出てきたり。
私も小学校高学年ごろから‘このメーカーのこれこれこういうシャンプーじゃないとダメ!’とか、‘洗顔フォームは次はこれを試してみよう’とか、そんなことばっかり考えていました。

いつの間にか気づけば、朝起きてすぐの洗顔に必ず洗顔フォームでさっぱり洗顔して、そして夜帰宅してお風呂の時も洗顔フォームで洗顔して…そういう人、多いと思います。

ところがここ最近‘水洗顔’という言葉をちらほら耳にする機会が増えてきました。
水洗顔とは、そのまま‘洗顔フォームや石鹸などを使用しないで水やぬるま湯だけで洗顔すること’です。

小さいころは誰しもが当たり前のようにしていた、何もつけずに水やぬるま湯だけで洗顔するということが流行り出すだなんて、不思議な話です。
実は私も数年前から石鹸や洗顔フォームなどは何も使っておらず、朝は水洗顔のみです。

友人にすっぴん肌がとっても白くてきれいな子がいて、いつかその子にどういうお肌のお手入れをしているのか聞いたところ、その子が当たり前のように答えたのです。
‘朝は何もつけずに水だけでバシャバシャっと洗顔して、そのあとは乾燥が気になるときだけ化粧水を付けるかな?普段は洗顔のあと何も塗らない。夜だけ石鹸とか洗顔フォームで顔を洗うこともあるけど、そのあとも特に何も塗らないよ。’と。

本当にファンデーションがいらないくらいくすみも毛穴も目立たないお肌の彼女が教えてくれた水洗顔、私ももちろんすぐ真似しました。
といっても彼女は私よりも8歳も年下なので、まず年齢的に見て当時30近かった私のお肌が20歳そこそこのピチピチギャルのお肌と同じ状態にはとうていなりませんでしたが、ツッパリや乾燥が気になったのも最初の1週間のみで、水洗顔だけにしてからというもの、お肌自体が強くなった気がしますし何よりもあれこれ化粧水なんかを塗ったり洗顔フォームを泡立ててしっかりしっかり洗い流すような工程が省けるためかなりの時間短縮になりました。

そんな水洗顔ですが、お肌が健康な状態にある人なら迷わず水だけでの洗顔でもOKでしょうが、ニキビ肌の人にとって水洗顔とはどうなのでしょうか?
ここではニキビ肌にとっての水洗顔について少し考えてみたいと思います。

水洗顔はニキビ肌でも大丈夫なのか?

水で顔を洗うだけの水洗顔、とても楽で忙しい朝なんかは時短にもつながるので、洗顔フォームを使わない洗顔で自分さえ不快感や違和感がなければたくさんの人におススメしたいものです。

ですがお肌の状態は十人十色、千差万別。
一人一人お肌の状態や特性は違うのに、誰でもかれでもいつでも水洗顔だけで大丈夫なのでしょうか?

ただ1つ確実なことは、洗顔フォームは多かれ少なかれ、お肌にとっては刺激物、異物となるものです。
この異物を取り除くことで(洗顔フォームを使わない洗顔)、今まで洗顔フォームで刺激を受けていたニキビは余計な刺激を受けずに済むようになりますよね。
そして余計な刺激を受けなくなったニキビは、徐々に炎症も落ち着いていきます。

ですがしばらく水だけで洗顔していると、実際は炎症は治まるものの、見た目的にはあまり改善されていない、結局ニキビ肌が全然治っていないように見えます。
むしろなんか悪化してない?とすら思えるような状態になることもあります。

これはダイエットでいうところの‘停滞期’のようなもので、水洗顔を続けているとニキビ肌の人は必ずぶつかる壁のようなものです。
ここで‘やっぱり洗顔フォームを使わなくなったからダメだったんだ!’と焦ってまた洗顔フォームでの洗顔に戻ってしまう人がいますが、それでは時期尚早というものです。

どんどん悪化しているように見えるかもしれませんが、とりあえず騙されたと思って水洗顔を続けましょう。
一見ニキビが悪化しているようにも見えますが、実は洗顔フォームなしで水洗顔をしているこの間に、お肌は自分自身でデトックスをしている状態なのです。
デトックスというと、体内のいらない不純物を体外に汗や排便・排尿などで出しきってしまうことを想像しますよね。
まさに水洗顔期間中のニキビ肌もこの状態なのです。

そして、できれば洗顔のあとは化粧水も乳液も何もつけないのがベターです。
どうしても乾燥などが気になる場合は、気になる部分だけクリームなどを塗ってあげても良いですが、炎症を起こしている状態のお肌にとってはどれだけお肌に優しい、ニキビに効果があるといわれている成分であっても刺激物としてみなしてしまうので、できるだけ水洗顔をはじめてしばらくの間は洗顔後何も塗らないようにしましょう。

まだあなたのお肌は化粧水や乳液を受け入れられるほど回復していません。
ただこのままやみくもに水洗顔と洗顔後何も塗らないことを続けても、結局何も改善されません。
水洗顔を1〜3か月程度続けたあとは、また化粧水や乳液の使用を開始してお肌を保護してあげる必要があります。

お肌の回復状況は人によって違ってくるため何カ月で化粧水を開始するように…とはなかなか指示するのが難しいため、お肌の状態を見て各々で判断するしかありません。
水洗顔でお肌のターンオーバーが整ったところで、お肌は再び化粧水や乳液を受け入れられる状態にまで回復します。
その状態になったら、しっかり洗顔後の保湿ケアをしてニキビを労わってあげましょう。

一旦お肌のターンオーバーが正常化すれば、ニキビは徐々にできにくくなってきます。
(ただ水洗顔だけではどうしようもないことも出てくるので、どんどんニキビ肌がひどくなる、改善しない場合は素直に皮膚科に相談に行き医師に相談しましょう)
あとはしっかり睡眠を取り食事のバランスにも気を配り、とにかくストレスをため込まないことが大切です。


普段から洗顔フォームを使ってモコモコ泡立てて洗顔をしている人にとっては、ただの水で洗うだけの水洗顔はなんともあっけなさ過ぎて、そしてちゃんとニキビ肌用の薬用の洗顔フォームを使用したほうがニキビに良いんじゃないかと思いますよね。

そして水洗顔のあと化粧水も乳液も何も付けちゃダメ!というのは、最初のうちは慣れるまで本当につらいです。
私も水洗顔を始めて1週間ぐらいは何か塗らないとお肌がカピカピ、ごわごわになって痛いようにすら感じてしまいつらかったです。
でもそのつらさも一瞬です。

そこを乗り越えると、お肌は自らターンオーバー機能を取り戻そうと頑張ってくれるので、ターンオーバーさえ整ってしまえば肌荒れやニキビも減ってきます。
とりあえず1か月から3か月を目安に水洗顔をしてみましょう。