ピーリング石鹸は刺激が強い

MENU

ピーリング石鹸は刺激が強い?

お肌のターンオーバーが乱れると肌荒れを起こしたりニキビができたりと何かとトラブルが出てきますが、そのターンオーバーの乱れの原因となってしまう古い角質や皮脂汚れなどを取り除き、お肌のターンオーバーを促す効果があるとされているピーリング。

最近ではピーリングジェルや拭き取るタイプのピーリング剤以外にも、ピーリング石鹸というものが出ています。
洗顔をするついでに一緒にピーリングもできてしまうので面倒くさがり屋さんにぴったりの商品です。

ピーリングという行為自体、無理やりお肌から古い角質などをはぎ取ってしまうためお肌にとって刺激になります。

詳しくは「ピーリングジェルについて」をご覧ください


では、ピーリングジェルではなくピーリング石鹸でのピーリングはどうなのでしょうか?

ピーリングジェルと同様、ピーリング石鹸でもピーリングという行為自体がお肌には刺激を与えてしまう行為です。
ジェルだから、石鹸だから、と、テクスチャーの違いがお肌に与える刺激の差というものはたいして変わりありません。

ピーリング石鹸は洗顔ついでにピーリングができてしまうのでその手軽さが多くの女性に支持されていますが、石鹸だからと毎日の洗顔に当たり前のように使用するのは大変危険です。

ピーリング石鹸にはフルーツ酸などをベースに作られたAHA系のピーリング石鹸が多く、AHA系のピーリング剤や石鹸は主にグリコール酸や乳酸、リンゴ酸(フルーツ酸とも呼ばれます)を使用しており成分がやや強いため、特に敏感肌の人やニキビ肌の人のお肌にとっては強い刺激となってしまうこともあります。

健康なお肌の人で週1回〜2回程度使用する分には特に問題はありませんが、ニキビ肌の人(炎症ニキビであろうがなかろうが)や敏感肌の人にとってはAHA系よりもBHA系のピーリング剤のほうが刺激が少ないのでおススメです。

どうしても近所のお店ではAHA系のピーリング石鹸しか手に入らない、BHA系のピーリング石鹸はなかなか見つけることができないけどピーリングをするにはジェルタイプよりも簡単に使えるピーリング石鹸にこだわりたい、という場合は、グリコール酸(ほとんどのAHA系ピーリング化粧品がグリコール酸を使用しています)を使用しているピーリング石鹸ではなくクエン酸やリンゴ酸を使用したものを選ぶようにしてください。

グリコール酸はAHA系ピーリングに含まれる酸の中でも特に酸性が強いため、お肌が弱い人や何かしら肌トラブルを抱えている人は使用を控えた方が無難です。
AHA系の中でいえばグリコール酸やクエン酸の物が比較的お肌には優しいので、お肌への刺激が気になる人はAHA系のピーリング石鹸でなおかつグリコール酸、、もしくはクエン酸をベースに更生されているものを選びましょう。

頑固なニキビ跡などには刺激の強いBHA系が有効ですが、お肌への負担を考えるとAHA系のピーリング石鹸の方がお肌には優しいです。
週1、2回程度の使用に控え、適度に古い角質をピーリング石鹸でオフしたら保湿を忘れずに。